プレゼントにも最適。かわいいおしゃれ雑貨の選び方

2022/6/21

おしゃれな雑貨をお探しのあなた。

「部屋におしゃれなものを置いて気分をあげたい」
「友人にセンスのあるものをプレゼントしたい」
「そもそもおしゃれ雑貨ってどんなものがあるだろう」

こんな悩みはありませんか?

「おしゃれな雑貨」と聞くと、少しハードルが高そうに思えますよね。
でも安心してください。

選び方のコツや雑貨の種類を知ることで、自分に合ったお気に入りを見つけることができます。
身近なところでも、簡単に使えるおしゃれアイテムが揃っているので、雑貨選びが楽しくなりますよ。

この記事では、おしゃれな雑貨選びの基本から、失敗しないコツを紹介しています。
最後にはおしゃれでかわいい、おすすめの商品5選を記載していますので、ぜひ最後までご覧ください。
あなたのお気に入りが、きっと見つかることでしょう。

【目次】
雑貨の選び方
・テイスト
・サイズ
・実用性

失敗しないためのコツ
・色の統一感を考える
・テイストに統一性をもたせる

おしゃれな雑貨おすすめ5選
・クッション/クッションカバー
・ブランケット
・キッチン用品
・ベッド/枕カバー
・小物

まとめ

雑貨の選び方

自分用であれ、プレゼント用であれ、まずどんなものが欲しいのかを考えますよね。

「おしゃれな部屋作りのために欲しい」
「気分があがるものを生活に取り入れたい」
「お世話になった人にセンスのあるものを贈りたい」
など、目的はさまざま。

ライフスタイルにあったものを選ぶために、以下の3つを意識しましょう。

● テイスト
● サイズ
● 実用性

ひとつひとつ解説します。

テイスト

雑貨を選ぶときは、アイテムそのものが持つテイストを理解することが重要です。
世の中には数え切れないほどの雑貨が揃っているため、好みのテイストに絞ることで「迷ってなかなか決められない」ということを防げます。
代表的なテイストの例は以下ですが、他にもいろいろありますので自分の好きなものを探してみてください。

● モダン:現代風の近代的で、スタイリッシュなデザイン。
● ナチュラル:自然と調和するような、飾り気のない暖かみのあるデザイン。
● 北欧:暮らしを豊かにする、温もりのあるデザイン。
● レトロ:昭和レトロや大正ロマンなど、昔懐かしい歴史を感じられるデザイン。
● ヴィンテージ:時代の変化とともに経年変化の味を楽しめるデザイン。

お気に入りのテイストをピックアップして、それに合った雑貨を検索するといいでしょう。

サイズ

雑貨選びのポイントとして、サイズ感はとても重要です。
なぜなら、想像していた大きさと配置予定のスペースがミスマッチだとガッカリしてしまうからです。
例えば気に入ったクッションがあったとして、「ソファの背もたれにしよう」と考えていたとしましょう。
いざ購入してみて、ソファのサイズより圧倒的に小さいクッションを置いてしまったら、ちょっと残念ですよね。
思い違いで時間とお金を無駄にすることになりかねません。

配置予定のスペースや周辺家具のサイズをしっかり測っておき、大きさを把握しておくことが重要です。
店舗へ足を運んで購入する場合も、ネットで注文する場合も、記載されている寸法を必ずチェックするようにしましょう。

実用性

雑貨選びの際に、普段使いもできる実用性のあるアイテムだとなお良いでしょう。
デザイン性にこだわって飾っておくだけでも素敵ですが、毎日使うものがおしゃれ雑貨だと気分があがる気がしませんか?

例えば料理が好きな人は、毎日キッチンを使いますよね。
おしゃれな鍋つかみなどのキッチン雑貨を選べば、料理がもっと楽しくなるかもしれません。

他にも、ベッドはどんな人でも毎日使うものです。ベッドシーツはもちろん、枕カバーを変えることでちょっとした気分転換にもなります。

外で使える傘やポーチであれば、より手軽に使えて種類も豊富なことが多いです。
実用的なおしゃれ雑貨を活用して、日々の生活に彩りを追加すれば、生活の満足度があがることでしょう。

失敗しないためのコツ

「買ったはいいものの、なんだかしっくりこない」といった失敗を避けるために、おさえておくべきポイントを2つ紹介します。

● 色の統一感を考える
● テイストに統一性をもたせる

それぞれ解説します。

色の統一感を考える

雑貨選びを失敗しないために、色の調和を意識することが大切です。
おしゃれ雑貨にはカラフルで個性的なものや、アート作品のような芸術的雑貨がありますが、部屋の色合いと合っていなければ統一感が出なくなってしまいます。

同系色で合わせるのもいいですが、同じカラーばかりがそろってしまうとなんとなくパッとしない部屋になってしまうこともありますので、色のバランスには注意して選ぶと良いでしょう。

基本的にはベースカラー、サブカラー、アクセントカラーの3色を意識すればまとまりのある空間ができます。
一般的にそれぞれ70%、25%、5%の割合で考えれば、バランスのとれた空間ができあがります。
ミスマッチを防ぐためにも、カラーバランスに気をつけてショッピングしましょう。

テイストに統一性をもたせる

空間に統一感をもたせるために、雑貨のテイストに気をつけましょう。
部屋とマッチしない商品をチョイスすると、ちぐはぐな雰囲気になりかねません。
例えば気に入った雑貨がレトロなデザインだと、生活空間がモダンでスタイリッシュにまとめられていたら、せっかくの素敵なアイテムが浮いてしまいます。

この場合であれば、同じモダンテイストで部屋のカラーを意識したものを選ぶと良いでしょう。
気に入った商品を見つけて勢いで購入する前に、部屋の質感と雑貨のテイストが一致しているか、確認することをおすすめします。

おしゃれな雑貨おすすめ5選

ここでは日常使いのできる、おしゃれでかわいいおすすめの雑貨を紹介します。

● クッション/クッションカバー
● ブランケット
● キッチン用品
● ベッド/枕カバー
● 小物

クッション/クッションカバー

 ソファーに並べた、しまむらひかりのクッション

「ちょっと変わってるけどおしゃれ」というアイテムを取り入れやすいのがクッションです。

いろいろなサイズが選べる上、場所も取りませんし、手軽に模様替えもできます。
椅子の背もたれにもよし、ソファーやベッドの上に置くのもおしゃれでかわいいですね。
クッションカバーを変えるだけで、どんなタイプの部屋でも調整できますし、複数持っておけばその日の気分や来客で手軽に変えることができます。
種類が豊富なクッションは、好みに合わせていろいろな種類から選べるのでプレゼントにも最適です。

おしゃれなクッションカバーを購入する
写真の商品はこちら

ブランケット

 一人掛けソファに掛けた前田裕のアートブランケット

多機能性をもつブランケットがおすすめです。

ひざ掛けや羽織として使え、インテリアの一部としても部屋の印象をガラッと変えることができます。
急な来客があったときでも、大きめのブランケットであればササッと生活感を隠すことも可能です。
折りたためばスペースを取らなくて済みますし、外出のときに活用すればファッションの一部としても活躍します。
防寒、ファッション、インテリアと、さまざまな役目を発揮してくれ、幅広い場面で活躍するおすすめアイテムです。

おしゃれなブランケットを購入する
写真の商品はこちら

キッチン用品

 キッチンに吊るしたFAVORRICのミトン

おすすめの雑貨はキッチン用品です。

なぜなら実用的で毎日使いのできるアイテムとして、気軽に取り入れることができるからです。
料理が好きな人はもちろん、普段あまりキッチンに立たない人でも、おしゃれでかわいいアイテムがあったら気分があがりますよね。

例えばキッチンクロスやランチョンマットは、もっとも手軽に使えてお手入れも楽ちん。
鍋つかみもあるととっても便利ですよね。

おしゃれなエプロンを着て料理をすれば気分もあがっておいしいご飯が作れそうじゃないですか?
スペースを取ることが少なく、毎日活躍する機会の多いキッチン用品はおすすめのアイテムです。

おしゃれなキッチン雑貨を購入する
写真の商品はこちら

ベッド/枕カバー

 掛け布団カバー シングル | Big Daddy_2

おしゃれな雑貨としておすすめなのが、ベッドカバーと枕カバーです。

なぜならベッドカバーと枕カバーをセットにすることで簡単におしゃれな寝室ができあがるからです。
毎日使う寝室だからこそ、お気に入りの空間に作ることで最高にリラックスできるでしょう。

ワンルームであれば、部屋の印象を一気にまとめてくれる便利アイテムでもあります。

最近はネットに入れて洗濯機で丸洗いできるものも多いので、お手入れも簡単です。

春夏秋冬の季節の変わり目に、それぞれお気に入りのものを選ぶのも楽しいですよ。

おしゃれなベッド/枕カバーを購入する
写真の商品はこちら

小物

 たくさん並べたFAVORRICのポーチ

小物雑貨は日常に取り入れやすいアイテムのひとつとしておすすめです。

なぜなら普段持ち歩けるものが多く、値段もリーズナブルで気軽にトライできるからです。

例えばポーチや傘などの小物は、個性的なものでも取り入れやすく、かばんに入れてさまざまな場面で活躍します。
プレゼントにも最適で、贈る人の好みを確認すれば、実用的なものほど喜ばれます。

おしゃれな小物雑貨を購入する
写真の商品はこちら

以上、おすすめの商品5種類をの紹介でした。

まとめ

この記事では、おしゃれな雑貨選びの基本から、失敗しないコツを紹介しました。

● 雑貨を選ぶ時はテイスト、サイズ、実用性を意識する
● 失敗しないコツは空間の色やテイストに統一感をもたせる

大事なポイントをそれぞれおさえながら、おしゃれ雑貨をちょっとプラスすることで、毎日をハッピーに過ごしましょう。

\1つだけでぐっとおしゃれに/

雑貨アイテムを購入する

おすすめ商品