クッションカバー45×45 | Soft Shards

5,400円(税込 5,940円)
6月17日 12:00までのご注文で最短6月18日お届け
※地域によりお届け日は前後します。配送・送料について詳しくはこちら
お気に入りに入れる 

汎用性の高い45×45cmのクッションカバー。素材は手触りの良いオックスコットンを使用。リビングやベッドでくつろぐ時間に、心地よさを運んでくれます。国内で一貫生産されたこだわりのあるコットンが、アーティスト作品の魅力を引き立てます。


カテゴリー : Cushion-クッション
アーティスト : 小林健太

★このカバーにぴったりサイズの中材はコチラ

サイズ:(約)45×45cm
素材:コットン100%
洗濯:可、手洗い
仕様:ファスナー開き
原産国:日本

*クッションカバーのみの販売となります。
*素材の特性により、色むら、色はね、にじみ、かすれなどが見られる場合がございます。
*お手入れの際は、商品に備え付けのタグに記載されている表示に従ってお手入れください。

▼こちらもおすすめ

ヌードクッション正方形

Artwork

Soft Shards

断片化された写真たちとストロークが無重力空間で交差する


Artist

小林健太

Kenta Kobayashi

1992年神奈川県生まれ。

写真家、アーティストとして東京と湘南を拠点に活動。


画像編集ソフトを用いて、自ら撮影した写真の一部を絵画のストローク(筆致)のように変容させた「#smudge」シリーズが代表作として知られている。

立体、パフォーマンス、3DCG、VR、NFT、ファッションなどメディアを横断した制作活動と、さまざまな支持媒体へのアプトプットを通じて、写真表現の拡張を目指すとともに写真の本質を探求している。

主な個展に「EDGE」agnès b. galerie boutique、「THE PAST EXISTS」三越コンテンポラリーギャラリー、「Tokyo Débris」WAITINGROOM(東京、2022年)、「#smudge」 ANB Tokyo(東京、2021年)など。

グループ展に「COMING OF AGE」フォンダシオン ルイ・ヴィトン(パリ、2022年)「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」水戸芸術館(水戸、2018年)「GIVE ME YESTERDAY」プラダ財団 Osservatorio(イタリア、2016年)など。2019年には、マーク・ウェストン率いるダンヒル、2020年春夏コレクションとのコラボレーション、またヴァージル・アブロー率いるルイ・ヴィトン、メンズ秋冬コレクション2019のキャンペーンイメージを手がけた。

主なコレクションに、サンフランシスコアジア美術館(アメリカ)などがある。写真集『Everything_1』(2016年)、『Everything_2』(2020年)、『The Past Exists』(2022年)をNewfaveより発行。近刊に『untitled sky』(自費出版、2022年)がある。

Related Products

Recently Viewed