クッションカバー45×45 | unsustainable10

5,400円(税込 5,940円)
3月6日 12:00までのご注文で最短3月7日お届け
※地域によりお届け日は前後します。配送・送料について詳しくはこちら
お気に入りに入れる 

汎用性の高い45×45cmのクッションカバー。素材は手触りの良いオックスコットンを使用。リビングやベッドでくつろぐ時間に、心地よさを運んでくれます。国内で一貫生産されたこだわりのあるコットンが、アーティスト作品の魅力を引き立てます。


カテゴリー : Cushion-クッション
アーティスト : 新納翔

★このカバーにぴったりサイズの中材はコチラ

サイズ:(約)45×45cm
素材:コットン100%
洗濯:可、手洗い
仕様:ファスナー開き
原産国:日本

*クッションカバーのみの販売となります。
*素材の特性により、色むら、色はね、にじみ、かすれなどが見られる場合がございます。
*お手入れの際は、商品に備え付けのタグに記載されている表示に従ってお手入れください。

▼こちらもおすすめ

ヌードクッション正方形

Artwork

unsustainable10

自然が都市に飲み込まれつつある

 

■作品について

 東京を中心としたエリアを撮影していると妙に違和感を抱く景色に出会うことがある。それは、いつも決まって刹那的に現れては消えていく。品川埠頭や羽田空港といった湾岸部や東京駅周辺など、再開発地区の中でも際立って変化が著しい場所で多く見つけるのだが、時の止まったような古ぼけた商店街の一角で姿を見せることもある。

 コロナ禍で人が消えた街を撮影している時、ふとその違和感の正体は未来都市の片鱗が姿を見せているのではないかと思った。そこだけ時代がジャンプしたかのようなおかしな景色。やがて未来都市のコアになるものなのだと。

 その違和感をまとった景色だけを集めていけば、未来都市を今、撮ることができると考えた。私は、「MEGALOPOLIS」の先、GIGATERAよりもさらに大きな単位である「PETA」と合わせた造語「PETALOPOLIS」と、その架空未来都市を名付けた。

 開発によって上へ上へと伸びていく都市に潜む虚構を「PETALOPOLIS」シリーズの作品をグラフィカルに引き伸ばすことにより、矛盾を孕んだ現代都市の姿を表現しようとしたのがこの「unsustainable」である。

 およそ持続可能とは思えない現在の都市。


Artist

新納翔

Sho Niiro

写真作家

1982年横浜生まれ。麻布学園卒業、早稲田大学理工学部中退。
2000年に写真家・奈良原一高氏の作品に大きな衝撃を受け、写真の道を志す。

2009年から約2年間、写真家・中藤毅彦氏が代表をつとめるギャラリー「ニエプス」でメンバーとして活動。変わりゆく都市風景をテーマに撮影を続けている。

肉体労働者の街と呼ばれた東京都台東区にある「山谷地区」を撮影するために、簡易宿泊所の管理人として働きながら撮影すること7年間。その後、今は解体された築地市場を内からの視点で見ようとして、市場を担当する警備会社に就職。

その後も変わりゆく街・都市風景を追い続けている。

主な写真集に『山谷』『Another Side』『築地0景』『PEELING CITY』『PETALOPOLIS』がある。