リネンポーチ | greenscape “kyusyu scenery 202101”

2,970円(税込 3,267円)

ブランドリネンの「近江麻」を使用した、ファスナー式のフラットポーチ。リネンならではの柔らかな質感で、使い込むほどに風合いが増していきます。

マチのない薄型のデザインは、ポーチの中身が少ない時はかさばらず、旅行のおともにしたり、バッグの中の整理整頓に使えます。

持ち歩きやすいサイズ感で、コスメポーチなど普段使いにオススメです。裏地にはカードが入る大きさのポケット付き。


カテゴリー : Fashion Item
アーティスト : EnoR | KUMIKO TAMURA

サイズ:(約)W22×H16cm
素材:リネン100%
洗濯:可、手洗い
原産国:日本


*お手入れの際は、商品に備え付けのタグに記載されている表示に従ってお手入れください。

Artwork

greenscape “kyusyu scenery 202101”

2021年制作

15.8×45.5

acrylic on canvas

 

その土地の色、匂いなど、山や樹々がつくりだす特有の形によって風景の輪郭がつくられる。私たちを広く包み込み感情を揺らす緑の風景を、緩やかな曲線を重ねながらキャンバスの中に描き出したいと制作しました。

 

The outline of the landscape is created by the peculiar shapes created by the mountains and trees, including the colors and smells of the land.

I would like to depict the green landscapes that embrace us broadly and move us emotionally in the canvas, overlapping gentle curves.


Artist

EnoR | KUMIKO TAMURA

Kumiko Tamura

1979年 長野県生まれ。

2003年 日本大学芸術学部美術学科絵画コース卒業後、渡英。Byam Shaw School of Art London在籍/修了。

2016年からは、自ら「EnoR (エノアール)」を設立し、ホテルやレストラン内のアートワークを手掛けるなど、より開かれた場に絵画を企画・提案することで活動の場を広げている。

 

ロンドンで幅広くアートを学び、帰国後も油絵・平面の可能性を広げながら、自然界の花や草木が作りだす独自の空間に魅了された作品を描き続ける。 

近年は、自然に対し「どのように見るか」視点を変えることで、描きだされるものが見せる表情の違いを追い求め制作し、作品を展示する空間にもテーマを持たせ、「場」を意識した展示を重ねる。

※国内での個展のみならず、国内外のグループ展、海外アートフェアなど参加多数